プロフィール

ayaka-papa

Author:ayaka-papa
海水魚飼育を始めて5年が経ち3年前からSPS飼育を重点にしました。
その間、水槽を2本に増やしたり、水槽を600へ縮小したりと落ち着かない飼育スタイルでした。
1年前より1200水槽×1本に戻し、9月からZeoVitへ移行しています。
過去の記事は中身がごちゃ混ぜなので一旦削除しております。
過去にコメントいただいていた皆様申し訳ありません。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンクのサンゴ

昔はピンクのサンゴが黒ずんだりしてきれいに飼えませんでした。
正直、よいものを選ぶ目もなかったです。
強い光を当てればピンクになる、と思ってましたが、半分正解で半分間違いでした。
やはり、きれいになるものはなるしならないものはならないです。
同じ場所に置いても色が明らかに違ってきますからね。
うちではピンクのサンゴを真ん中中心に多めに入れてます。
後ろにももう少し入れたいところです。



最近はStylo Pocci Glow の効果もあるのでしょう、簡単にピンクを維持できていますが、いわゆるドピンクにするには照明ももっと工夫しないといけないのでしょうね。
他のサンゴの蛍光色維持を考えると白い光ばかりというわけにもいかず、LEDの青が当たって見た目も少しくすんでしまいます。

ちなみに照明はレフムーブ250W×1灯+スーパークール115(マリンブルー散光)×2灯です。
※補助でLED(GrassyLedio)を4灯つけてます
昔はこれにMT250×2灯+スーパークール(アクアブルー散光)×3灯でしたから、ずいぶんと光を抑制しています。
それでもきれいになるのはやはり添加剤や機材の進化のおかげとしかいいようがないですね。
スポンサーサイト

<< 水換え10リットル | ホーム | 水換え10リットル >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。